Pureliving製品ご愛用の方

製品情報や関連情報をメールでご案内いたします。

ご愛用者登録はこちらから

トップページ > Purelivingについて

Purelivingについて

Purelivingについて

社会が大きく成長し、不自由のなくなった現代の暮らしは、その発展とは裏腹に生活の中でウイルスや細菌の脅威にさらされています。
今後ますます増える汚染や公害、そして環境破壊といった現状がこれら細菌の蔓延を加速させ、根絶を難しいものにしています。

Purelivingは家庭にヘルシーライフを取り戻すべく、UVテクノロジーを応用した画期的な製品を開発することをコンセプトに設立されました。
より良い生活、また汚染のない暮らしををもたらす事がPurelivingの役割だと考えています。

紫外線除菌の仕組み

「紫外線」と聞くとどんな事をイメージするでしょうか。夏の強い日差しと降り注ぎ、日焼けのもとになって女性に大敵!または除菌ができて布団を干すにはありがたい、というのが皆さまの印象でしょうか。

一般的に紫外線は除菌効果が高いことで知られています。そもそも「紫外線」とは、肉眼では見る事の出来ない10~400nm (ナノメートル)の電磁波です。中でもPurelivingシリーズで使用している紫外線「UV-C」は、特に波長範囲が200~280nmの紫外線を指します。
このUV-Cは紫外線の中でも最も除菌能力の高い波長で、さまざまな菌・ウイルス・カビに作用する優れた効力を持っています。医療機関を含め様々な分野で利用され、私たちの生活の安心・安全に役立っています。

以下は「UVカッティングボードシステム」を、1サイクル(20分)使用した時の除菌試験結果です。

大腸菌(UV-C照射前)
大腸菌(UV-C照射後)
サルモネラ腸炎菌(UV-C照射前)
サルモネラ腸炎菌(UV-C照射後)
試験対象微生物名 大腸菌
(ATCC 11775)
サルモネラ腸炎菌
(ATCC 14028)
初期微生物計数 1.71×105 CFU/mL 2.30×105 CFU /mL
紫外線照射時間 20分 20分
紫外線照射後の微生物計数 <10 CFU <10 CFU
除菌率 99.98% 99.99%

※使用環境により、その効果が異なる場合があります。
※全ての病原菌、ウイルスについてその効果を保証するものではありません。

ページトップへ